【5月22日】辻仁成『愛情漂流』刊行記念トークショウ&お渡し会
5ccd188df8975470b0c92ac5 5ccd188df8975470b0c92ac5

【5月22日】辻仁成『愛情漂流』刊行記念トークショウ&お渡し会

  • 開催日

    2019/05/22

  • 開始時間

    16:00

¥1,512 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります

販売終了しました

芥川賞作家・辻仁成が『冷静と情熱のあいだ』以来、20年ぶりに描き下ろした長編恋愛小説『愛情漂流』の刊行を記念し、5月22日(水)文喫 六本木にて「辻仁成トークショウ&お渡し会」を開催いたします。 『愛情漂流』がなぜ生まれたのか。どのように書かれたのか。辻仁成自身がリアルな言葉で語る辻仁成の今に迫るトークショウです。みなさまのご参加をお待ちしております。 本チケットのご購入で、トークショウと『愛情漂流』の書籍のご予約となります。書籍は当日トークショウ後のサイン本のお渡し会にてお渡しいたします。 辻仁成(つじ・ひとなり) ●東京生まれ。1989年『ピアニシモ』でデビュー。 『海峡の光』で芥川賞、『白仏』のフランス語翻訳版『Le Bouddha blanc』で仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。著書に『クロエとエンゾー』『立ち直る力』『真夜中の子供』『人生の十か条』など多数。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野でも幅広く活動。10月12日に生誕祭ライヴをオーチャードホールにて開催。 『愛情漂流』 単行本: 288ページ 出版社: 竹書房 ISBN 9784801918689 本体価格:1400円 内容紹介 「冷静と情熱のあいだ」から20年 辻仁成最新作はいまの東京を舞台にした性と愛の物語 子どもが同じ幼稚園に通う二組の夫婦。 パートナーに対するほんの少しの隙間から始まった不倫が、 4人の運命を大きくかえてゆく。 妻を抱かない夫 夫に関心のない妻 娘の友達の母親と関係を持った男 妻子のある男を誘惑した女 漂流する4人の男女、そのたどり着く先は……? 【日時】5月22日(水)16:00~18:30(15:30開場) 【会場】文喫 六本木(https://goo.gl/maps/wYj1CzwPCxv) 【定員】50名 【料金】辻仁成『愛情漂流』のご購入 1,400円(税抜) ※本チケットのご購入で、トークショウと『愛情漂流』の書籍のご予約となります。書籍は当日トークショウ後のサイン本のお渡し会にてお渡しいたします。 ※お渡しするサイン入り書籍にお客様のお名前は入りません。 ※ゲスト及びスタッフに対し、暴力及び暴言等の行為、その他スタッフの指示に従って頂けないお客様は、ご参加いただけない場合がございます。 ※身分証明書(免許証、保険証など名前のわかるもの)をお持ちください。お申し込みのお名前と身分証明書のお名前が違う場合は、イベント会場には入場できません。 ※お申込の先着順に整理番号を振り、当日は受付時に整理券を配布し、お申込順にご案内する形に致します。 来場の先着順にすると、不必要に早い時間帯からお待たせしてしまう状況が生じるので、お申込み順での対応としました。 ※お客様による撮影・録音・録画は堅く禁止させて頂きます。 ※イベント前後は本と出会うための本屋「文喫 六本木」をお楽しみください。